父親が腐乱死体で発見された。

マジで。

アパートの一室で、死後2か月経過し腐敗がかなり進んだ状態で発見されたと警察から連絡あったんだよ。

翌日家族揃って警察署へGO!

リアル腐乱死体を見る羽目になるんじゃないかとどぎまぎしてたけど、さすがに顔見て本人確認できないってんで兄弟のDNA採取して調べたよー。

警察官(?)が遺体発見時の様子を詳細に伝えてくれて、「意外に警察って優しいんだなー」って思ったわ。

最期は現場検証してくれた刑事と挨拶してサヨナラ。

まぁうちのパパンは定年退職してたし、社会との接点が無く独居だと死んだことに誰も気づかなくてもおかしくないよねー。

未婚率も上昇してるし、核家族化もどんどん進んでるからこういう事例はますます増えると思う。

病院で死ぬってのは残される人間には一番ありがたいよね。

うちのパパンみたいに腐乱死体で発見されるとさ、特殊清掃だの、役所への手続きだの色々と大変なんだわ。

借金があるのかすらわからないしね。

特殊清掃費用は10万くらい。

臭いがきついってんで、遺品整理もお願いしたわ。

全く遺産は残してくれなかったのに、特殊清掃費用3万も負担する羽目になったわ(; ・`д・´)

家族三人で割り勘よ、割り勘!

火葬はたった三人でお見送り。

ステマティックに御棺が火葬炉に入ってく瞬間ってほんとにほんとに最期の別れって感じするよねー。

焼きあがった骨見て驚き!!理科室の標本のような見事な骨だったのよ!!

頭蓋骨はほぼ原形とどめてたしwwww

箸で持ちあげてさらにビックリ!!固い固い(゜Д゜)

60代は死ぬには早いし、うちのパパンは祖父と違って長いこと闘病生活を送ってたわけでもないから骨は頑丈だったんだろうね。

子どもの頃から栄養状態は良かったろうし。

あれだけ社交的な人だったのに寂しい最期だね。

死因は内因性急逝死とやら。

糖尿病やら食道がんを患ってて手術受けてたんだって!

解剖費用も死んだ場所の自治体によって違いがあって、福岡市は割とお安い。

これが田舎の方だと結構高くなるんだと

うちのパパンは20代前半の時に、火事で両親を失っててさ、奇しくも両親の命日とほぼ同じ頃に亡くなったらしい。

菩提寺すらわからないし、何の宗派だったのかすらさっぱりわからんチン(´ε`;)ウーン…

最期まで謎の人物だったわ。

安らかに眠ってね(-人-)