ジャイロ。

本日は、このようなモノを買って参りました。

・・・って!

貴様は馬鹿か!!

ニンテンドーニンテンドーでも、買おうとしていたのはコレじゃないだろ!!!

ことの始まりは、ちょうど一週間前にリサイクルショップを見に行ったときでした。

ショーケースに入ったファミコン・ロボットを見て、「うっ。ほ、欲しい。超欲しい。けどチョット高い。けどスゲー欲しい。でもやっぱりチョット高い。いや、でも欲しい。しかし値段が・・・」と、メチャクチャ悩んだ挙句、驚くべきことにその日は買わずに帰りました。

で、それからタップリ一週間考え続けて、やっぱり欲しい!ということになったので、「もう一度行ってみて、まだ置いてあったら買おう」ということになったのでございます。

お店に向かう道中はずっと、「まだあるかなー。あるとイイなー。でも、無かったら買わずに済むもんなー。節約するって言ってたしなー。けど、やっぱり欲しいなー。でも、値段がなー・・・」などと、延々と考え続けておりました。

で、お店に着いたら、相変わらずショーケースにファミコンロボット君がいたので、結局買って帰ることになったのでした。

めでたしめでたし。

・・・って!

だから!

何かもう、ものスゴい勢いでニンテンドー・スイッチ購入が遠ざかっていっています。

発売直前くらいまでは、もういつでも買える機会さえあったら買っちゃってもイイかな〜くらいの感じだったのに、もはやほとんど予算が底を突きつつあります。

こんなことなら、スグに買ってしまった方が良かったのかも知れません。

が!しかし!

決して、NANAMEはロボット君を購入したことを後悔はしておりません!

家に持って帰って開封して間近で眺めてみて、心の底から「買って良かった!」と思いました。

ニンテンドー・スイッチ予算は、まだボチボチ頑張って貯蓄しようと思います。

・・・で、すでにじゅうぶん長くなってしまいましたが、ロボット君の説明も軽くしておきますと、このファミコンロボット君は、1985年の夏に発売された、ファミコンの周辺機器です。

1985年とは!

NANAMEより5歳も年上です。

購入するまでは、頭の部分は単なるデザインだと思っていたのですが、なんと!頭部のセンサーで、テレビ画面からの信号を読み取って動くという、2017年現在でも近未来的に感じられるシステムを搭載しているらしいです。

で、このロボット単体では遊べず、別売りの「ジャイロセット」か「ブロックセット」と合わせて作動します。

2枚目の写真に写っているのが、そのジャイロセットの方です。

ロボットとセットで買ってきました。

ぶっちゃけ、どうせ遊ぶことは無いのだから(ファミコン持ってないし)、ジャイロセット無しで、もっとお値段を安くしていただいた方がずっと嬉しいのに・・・と思っていましたが、しかし、箱を開けてみるとなかなかスゴい代物でした。

まず、中身が付属品から取扱説明書まで全て揃っていることにビックリしました。

スグにモノを失くすNANAMEには考えられない物持ちの良さです。

そして、さらに箱に入っていたのが、ファミコンのソフト、というかカセットです。

ファミコンのカセットなど、実物を見たことも無かったので、手に持ったとき、思わず「おぉ!ファミコンのカセットだ!!!」と、言いようの無い感動を覚えました。

あとは、付属のジャイロ(コマみたいなヤツ)がスゴく良く回るのが楽しくて、しばらく回して遊んでしまいました。

そんなワケで、ジャイロセットも決して不要では無かった・・・かな?と思っております。

ちなみに、お店の方によると、こうしてロボットもジャイロセットも揃ってはいるものの、ロボットに電池を入れ、ファミコン本体にカセットを入れて起動しても、正しくは作動しなかったそうです。

さすがに古過ぎるからでしょうか。

ま、どのみちNANAMEには関係ありませんが。

ところで、ロボット君について少し調べていたら、発売当時のテレビCMの動画を見つけましたが、ソレによると、ロボット本体のお値段は9800円、ジャイロセットは4800円だったそうです。

・・・高えぇーーー!

今日、買ったときの値段の方が全然安いです。

決して、高い買い物ではなかった・・・と思うことにしておきましょう。

このファミコンロボットは、昨年辺りに何かと話題になった「バーチャル・ボーイ」と同じく、あまりにも時代を先取りし過ぎたニンテンドーオーパーツで、発売当時は全然流行ることなく姿を消してしまったそうです。

なので、NANAMEも存在すら知りませんでしたが(何しろ生まれる前の話だし)、スマブラの操作キャラとして登場しているのを見て、そのビジュアルが大変気に入りました。

おそらく、スマブラのキャラクターの中では、ダック・ハントの次に多く操作したのではないかと思います。

(ダック・ハントが一番な理由は聞かないで下さい)

しかし、まさか自分がそのロボットの現物を手にする日がやってくるとは!

世の中、何が起こるか分かりません。

やっぱり、全然後悔はしておりません。

いやぁ、良かった良かった。

めでたしめでたし。

・・・あ、そうだ。

忘れていましたが、2枚目の写真に一緒に写っているのは、リサイクルショップでついでに買ってきたワルイージさんのフィギュアです。

彼は結局スマブラに参戦できませんでしたが、もしニンテンドー・スイッチでまたスマブラが出るのであれば、今度こそ参戦していただきたい!と、相変わらず思っております。

頑張れ!ワルイージさん!

広告を非表示にする