【映画情報】ディズニー長編実写映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』日本版公式最新予告編が初公開!!

 日本で2017年7月1日より全国一斉ロードショーとなる、ディズニー長編実写映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第5弾となる最新作の映画『パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊』の日本版公式最新予告編映像が初公開されました。

 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊』は、東京ディズニーランドにもあるアトラクション「カリブの海賊(※米国では“パイレーツ・オブ・カリビアン”)」をモチーフにした、世界中で人気のディズニー長編実写映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの最新作で、本作がシリーズ5作目にあたります。

 公式発表によると、主人公はもちろんシリーズお馴染みの海賊“キャプテン・ジャック・スパロウ”、人気俳優ジョニー・デップが演じます。そして本作のシリーズ最恐の敵“海の死神”ことサラザール役でアカデミー賞受賞した悪役俳優ハビエル・バルデム

 さらに、シリーズ1作目「パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち」、2作目「パイレーツ・オブ・カリビアン / デットマンズ・チェスト」、3作目「パイレーツ・オブ・カリビアン / ワールド・エンド」に登場した青年ウィル・ターナ役で人気俳優オーランド・ブルームがシリーズ復帰することも明らかになっています。

 また、その青年ウィル・ターナの息子であるヘンリー・ターナ役でブレントン・スウェイツ。女性天文学者カリーナ役でカヤ・スコデラリオなど次世代のスターらが演じる事も明らかになっています。

 今回、日本で初公開された日本版公式予告編映像では、海賊で若き姿の主人公ジャック・スパロウがシリーズ初登場。今回の敵でもある“海の死神”サラザールとの因縁が描かれています。

 公式発表によると、海賊の全滅をたくらむサラザールは、ジャック・スパロウに嵌められ全てを奪われ、更に市の呪いに掛けられてしまい、サラザールジャック・スパロウに対して復讐に燃えるとのこと。

 そして、「ジャック・スパロウ、最後の冒険が始まる」という記述が、公式発表内容に記載されています。

 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第5弾となる最新作の映画『パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊』は、日本でいよいよ2017年7月1日より全国一斉ロードショー予定です。

 ちなみに、東京ディズニーシーでは、2017年7月11日〜2017年8月31日まで夏期限定スペシャルイベント『ディズニー・パイレーツ・サマー』が初開催されます。

 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」をモチーフにした、ズブ濡れ必至のスペシャルショーが開催され、主人公ジャック・スパロウミッキーマウスらディズニーキャラクターたちが登場します。こちらも必見です。

★ この記事のネタ元となった記事はコチラ(※ディズニー日本版公式Webサイトの2017年3月10日付ニュース記事へリンクしています) ⇒ http://www.disney.co.jp/movie/pirates/news/20170310_01.html

(※ この記事に掲載している内容は、2017年3月10日付で公式発表された内容に基づき掲載しています。なお、配給側の都合や事情、その他の事由により、予告なく内容の変更または中止する場合があります。予めご了承ください)