「チア☆ダン」

「チア☆ダン」観ました。

僕の目的は広瀬すずより「目の下の黒い東宝シンデレラ」なのですが、今回はやさぐれ系の役なので目の下の黒さに必然性があります。

さて、この「チア☆ダン」

50年くらい前の作られた作品といわれても(その場合は吉永小百合主演)納得がいってしまいます。

いえ。けっして「古臭い」と言っているわけではなく

50年後に作られた作品といわれても納得してしまいます。

つまり永遠普遍の黄金律で作られた作品であり、安心して笑ってなけます。

さらに、この素材を現代に作る配慮はきちんとなされており、僕としては「省略」のセンスに舌を巻きました。

あと、キャプテンへの恋の顛末の最期を「ストーカー」という解釈をしないでくれたことにも大いに感謝です。

だだ・・・

この類の映画のパターンで校長・教頭を「愛すべき小物」っぽく描いているのですが、この映画が実話を歌っている以上、モデルになった方の心中を察すると複雑なものがあります。

それから「恋愛家宮本」に続いて柳ゆり菜がキーウーマンだったりします。

これは彼女の実力からいって必然であり(「呪怨」の一本で脇役ながらヒロインのおのののかを圧倒してました)「枕営業」なんて単語を想像してしまうのは不謹慎かつ失礼の極みなのですが「枕営業する柳ゆり菜」を想像すると一本の映画が出来るこらいのロマンなのもまた俺にとっての事実です。

広告を非表示にする