大相撲春場所、後半戦の我が注目の6力士

久し振りの日本人横綱誕生で、今場所は沸きに沸いている。当然のことながら、新横綱稀勢の里にこのまま突っ走って全勝優勝してもらいたいものだ。それにしても、この落ち着きぶりはなんなんだ。人が変わったようで頼もしい。弟弟子の高安と全勝同士で優勝決定戦が実現すれば最高だな。関脇陥落の琴奨菊も10勝をあげて何とか大関復帰を果たして欲しい。あと4勝か。ギリギリ行けるんじゃないかな。カド番脱出した照の富士も、やっと膝の怪我も癒えて本来の怪力相撲が取れるようになってきたようだ。優勝争いに加わる勢いが出て来た。それと宇良と石浦の両軽量級が楽しみだ。2人の牛若丸のような相撲と新横綱の堂々たる土俵入りを見るために、このところ3時40分までになんとしても帰宅するように生活リズムをコントロールしている。