読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのままに

大学時代にSMに目覚めた

女性の困る顔や虐められて歪む顔をみるとなんだか興奮することに気が付いた。

恥かしがっていた女性が快楽に堕ちていく瞬間

嫌がっていた女性が次第に喘ぎ声をあげて何度も逝きつづける様子

縛られて、縄に酔った女性

コート一枚で満員電車に乗せたときの女性

漫喫で目隠し一つで待ち合わせたことも

とにかく、女性を辱めてその様子を見ることに興奮する。

また、妄想力豊かと自分でも感じる時がある。

メールでプレーのやり取りをしていると次から次へとアイデアがわき出てくる

それを伝えて、実行するように言うと

女性はためらいのメールをよこす

それでも、実行するように伝えていくと次第に女性もやることを受け入れていく

そして、実行・・・

その、メールのやり取りやアイデアを考えること

前日や当日、実行までの間にプレーのことを想像して興奮している

実行するとさらに興奮する・・・

  ・・・会うときには、あいさつの前に熱いキス・・・

  ・・・コート一枚、その下は・・・

  ・・・ネカフェのカップルブースに先に入らせ、目隠し一つで待機・・・

  

そんなことを受け入れた女性も何名もいた・・・

きっと、私は変なんだと思う。

変なことは、彼女として付き合ってくれた女性たちがみんな離れて行ったことからも

想像できる。(みなさん、ごめんなさい)

好きな彼女と別れるたびに、もうやめようと思ったこともある。

でも、変えられなかった・・・

「ありのまま」という言葉が一時、巷に流れたけど

そのままの自分を受け入れてくれる人はいるはずだとも考えている。

だから、真剣にマゾヒストの女性を探している。

この思想が会社や世間に知れたら、普通ではいられないだろう。

でも、真剣に求めています。

「私も真剣にサディストの男性を探している」という方がいたら

ぜひ、メールください。

よろしくお願いします。

これまで付き合ってきた彼女にも、露出・緊縛・複数などをしてきたが、興奮した