大学のシラバスを熟読する

時差ボケはきついですが、

何かと忙殺されて紛らわす事ができた

staycoolです。

朝から夕方まで

30本近い電話がかかってきました。

中には昼休み中狙いと思われる

ワンルームマンションの売り子や

怪しい投資商品の勧誘まで・・

そんなに良いものなら

貴女が先ずは率先して買えば言いのに・・と云えば

私にはそんな余裕はありません・・ときました。

なぜ経験もしていないものが本当に良いと分かるのですか?と聞けば

返答に窮して電話が切れました。

口八丁手八丁で商売をするなら

もう少し話法やコミュニケーションを磨いた方がいいでしょうね。

さて、硬軟様々な案件をスルーしたり、

少し時間を割いてからやり過ごしたリ・・

暴力団員の見た目を怖そうに演出している気弱な中年の案件があったり・・

人と話し過ぎて日中はちょっと燃料切れ気味でした。

夕方以降も

頭のおかしい人の案件で

自治会長を迎えたり、測量の確定署名をしたり・・

静かになったのは8時過ぎになっていました。

留守中、子供と入学する学校の単位取得に

ついて相談されていました。

このような話は、face to faceでないと無理ですね。

SNSのTV通話やスカイプだと微妙なニュアンスを

伝えきれない感覚があります。

何だかまだ決めあぐねていたようなので

シラバスにじっくりと目を通しました。

総合学部ですから

要は何でもありの世界なのですよね。

そんなカオスな状況は、高校時代に

既に総合学科を収めたという事で慣れていたようでした。

ただ、普通科や理数科のように

ある程度、線路が引いてあった方が楽なのです。

まだ中卒直後であれば何を勉強すれば良いかも分かりません。

しかし、高卒後ではそうは行きません。

自分がなりたい自分になるために

将来のキャリアから逆算して進むべき道を捉えなければなりません。

これが弁護士、医者、外交官、パイロット、エンジニアだと

より思考は簡素化されるのですけどね。

今の時点では、絞り切るのもリスクだと感じているようです。

ただ、1年のシラバスを見ましたが骨太でしたね。

私がビジネススクールMBAコースでやったような事まで・・

基礎的ではありますが、経営戦略、ソーシャルマーケ、組織コミュニケーション

意思決定メカニズム(これは私が敬愛する印南先生の講義)

ロジスティックス(日本を代表する企業の寄附講座、私が聴講したいくらい)

ちょっと驚きました。

ただ、人通り自分が通ってきて学んだ領域ですから

アドバイスはしましたし、イメージが湧かなければ

私の書斎に膨大な関連図書がありますから、それを参照すれば・・

何だか息子が行くのに

自分まで学生気分で楽しくなりました。

これらを深く学んだ後に、

子供と経営の領域について広く深く議論できる日が来るのかと

思うとウキウキして仕方がありません。

まだまだ知的好奇心は衰えませんし、

向上心もありますからね。

生涯教育と言われて久しいですが、

どのくらいの方が実行しているのだろうと思います。

私は死ぬまで、やり続けますけどね。

趣味と実益を兼ねて・・