18941110 NO1072 大連湾を占領した

18941110 NO1072 大連湾を占領した

http://db.history.go.kr/item/level.do?sort=levelId&dir=ASC&start=1&limit=20&page=1&setId=-1&prevPage=0&prevLimit=&itemId=jh&types=&synonym=off&chinessChar=on&levelId=jh_003_0070_1270_0030&position=-1

駐韓日本公使館記録3巻 七. 和文電報往復拱 (127) [清日戦 戦況 通知] 3) [清日戦 戦況 通知] 3

文書題目 3) [清日戦 戦況 通知] 3

文書番号

発信日 午後七時馬馳津 発 ( 1894年 11月 10日 )

発信者 少将 福原

受信日 同十日 午後十時参十二分 接

受信者 公使 井上

3) [清日戦 戦況 通知] 3

同十日 午後十時参十二分 接

午後七時 馬馳津 発

井上 公使

福原 少将

答 第二軍は六日金州に入り、七日大連湾を占領した。敵は抵抗することなく旅順へ向って逃げ去った。目下司令官は金州城にいる。

*福原豊功(ふくはら とよのり 1894年8月、陸軍少将に進級。歩兵第8旅団長を経て、南部兵站監として日清戦争末に出征し、戦後の占領地総督府参謀長となったが、1895年7月、コレラにより戦病死した。)