読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sulu de なにをするネン、なにがあったネン − その1

みなさま、こんにちは!

Suluというのは、米国の小火器の歴史上100年を超えて制式採用された拳銃が開発されたその原因となった場所なんです。 1903年に陸軍が米西戦争で使用し始め、1911年の制式採用、そして、制式でなくなった今も、特殊部隊で使用され続けられている由です。

日本では、自衛隊と全国の警察で正式採用されていた拳銃です。

  ******************************************************************************

Fifty of these were tested as well by the U.S. Army in 1903.

American units fighting Moro guerrillas during the PhilippineAmerican War using the then-standard Colt M1892 revolver, .38 Long Colt, found it to be unsuitable for the rigors of jungle warfare, particularly in terms of stopping power, as the Moros had high battle morale and often used drugs to inhibit the sensation of pain.[10] The U.S. Army briefly reverted to using the M1873 single-action revolver in .45 Colt caliber, which had been standard during the late 19th century; the heavier bullet was found to be more effective against charging tribesmen.

  ******************************************************************************

via https://en.wikipedia.org/wiki/M1911_pistol

米西戦争がいかに米側にとっても酷い戦いであったかは、このコルト45口径の採用事情を見てもたやすく想像が付きますが、Sulu諸島の中心地Jolo島のMoroがいかに強力な抵抗をしたか、を証言する映画があります。 1939年公開のThe Real Glory、日本初公開が1951年で、題名は「暁の討伐隊」です。

1:36:29、約100分の動画が無料で視聴できます。 こちらです

 http://www.dailymotion.com/video/x2e5h32_1939-the-real-glory-gary-cooper_shortfilms

このMoroがCE1945年4月9日に上陸した米軍に叩かれ、山中に避退した日本陸海軍部隊をほとんど全滅させたワケですが、そのわずかな生存者が同年9月に米軍に収容されていますが、その顛末の記録が、「敗残の記 −玉砕地ホロ島の記録−」 藤岡明義/中公文庫/1991年 です。 

書評の1つが;

「2011年06月12日 【本】藤岡明義「敗残の記 −玉砕地ホロ島の記録−」です。

 http://yryk.seesaa.net/article/209366442.html

 

さて、もう一つのSulu, たぶん、今、北米で Sulu と言うと、上のSuluと答える人は、軍産複合体か、米近現代史関係のヒトでしょう、そして、それは例外的な反応だと思います。 

今は、Sulu と言えば、この方、

1年半ほど前2015年の武井穂郷さんです。

Hikaru Sulu、スゴイ名乗りでしょ?

日記が長くなっていますので、ここら辺りで、いったん段切ります。  (つづく