春うらら

木の芽時(コノメドキ)三寒四温から(3月から4月日本列島北の方や高地等は5月も含む頃)寒暖の差が激しく自律神経が不安定になる日々を迎えて、精神的に春の体調不安現象が多くなりますが、このような時を何事なく通過する方法が有ります。

季節感のあるものを食べ、自他ともに日常的に身体と心にストレスを与えすぎないことでできます。

それは、タケノコや木の芽(タラの芽)・ツクシ・セリ・ウド・にんにくの芽等季節感の確りある旬なものを食べて、出来る限り日光を浴びて(日光を浴びるという意識も大切)体を活性化させていきます。

この事と同時に日常的に、ストレスを心と身体に自他お互いにかけない事です。

それは、べきである、しなくてはならない、さらに他者と自己に危険や仕事が無い限り命令形を出来る限りしない事です。

良くわかる事に、言葉の末尾に、ラ行「ラリルレロ」が付く

やれ、しろ、やる、命令形言葉でなく、

やってもらいたい

してもらいたい

やっていきます

という事で、だれかに何かを強く要求したいような時でさえ、命令形でなく、柔らかい依頼形を使うことで、相手と自らにストレスをかける事無くすませるのです。

広告を非表示にする