読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DUI

札幌市電停留場衝突 酒気帯び運転容疑の男逮捕 基準値の2倍

05/04 05:00

 札幌市中央区南19西7の市電( 路面電車 )山鼻19条停留場に2日夜、ワゴン車が突っ込んだ事故で、札幌南署は同日、道交法違反( 酒気帯び運転 )の疑いで、同市南区藤野1の8、無職大友崇志容疑者(45)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後10時40分ごろ、同市中央区南19西6の市道で、酒気を帯びた状態でワゴン車を運転した疑い。大友容疑者の呼気から基準値の約2倍のアルコールが検出された。同容疑者は「自宅で缶ビールを3本飲んだ」と供述しているという。

 札幌市交通局によると、この事故の影響で内回りの市電2便が部分運休し、約190人に影響が出た。