青森クリテリウムを見ての感想

こんばんは。これからちょくちょく、自転車のことをここに書いていきたいと思います。

今日出る予定でした、青森市で行われた青森クリテリウムというロードバイクのレース(大会)を見て来ました。

出なかった理由は簡単にいうと調整不足です。(自転車を長い間神奈川に放置してましたので全然乗れてませんでした)

率直の感想は、風もかなり強かったですが、やはりエンジン(自分自身)ですね。

本当にフルカーボンのすごい良い自転車に乗っていてもエンジンが強くないと宝の持ち腐れなわけで、それに相まって結果なんかついて来ませんね。そこをつくづく感じました。

まず第一の目標としましては、平坦30〜35キロ巡行の10キロ走破でまずは身体を慣らしていきたいと思います。

大学の部活の時にそういう細かいことの積み重ねで身体は変わっていくのを痛感してましたので、歳はそこそこ食っちゃいましたがまだ変われると思います。

あとはいかに楽にペダリング出来るか今は勉強中です。僕の自転車はTTタイプなのでほかのロードバイクと少し違うみたいです。(ちょっと難しいらしい)

こんな歳になっても夢中になれるモノ(事かな?)に出会えてホントに良かったです。

大学時代の部活のライバルが、今やロードバイクの頂点の部類の選手なので、いつか同じ舞台で走れたらなーってかすかな淡い夢を抱きながら(妄想しながら)毎日練習に励みたいと思います。

最後に、本当は自分の心の中で収めておきたいところだったのですが、こういう形にして残しておかないと忘れることもあるので、かなり上から目線で物事言ってますが、その時率直に感じた気持ちをそのまま残しておきたかったので、そのまま書きました。お許しくださいませ。