2017書評184

「後鳥羽伝説殺人事件」内田康夫、角川e文庫。

本日2冊目。

電子書籍

再読。

格安で手に入ったので、久しぶりに読みました。

浅見光彦の妹の悲劇をすっかり忘れてました。犯人は覚えていたんだが。

意外な犯人、組織内で孤立しながらも捜査を続ける警察官、定番なんだけど、定番だからこそ安心して読める作品ですね。

時代を感じさせる設定(今だとあっさり犯人分かるんだろうが)だけど好きですよ。

浅見光彦シリーズは新作だともう読めないのかな?残念ですな〜。

100点満点中70点。

広告を非表示にする