4/28 tnjfbr

 昨日は全部食っちゃったけど食べるラー油って一度に全部食うものじゃないなと思って少しずつ白米にかけて食っていったんだけど隣にいきなり家族が座ってきたので緊張してたらまだ食べ尽くしてもないのに二つ目を開けてしまってしょうがないので魔法の力で逆再生して新品に戻す夢を見た。なんで急に帳尻合わせのように魔法が出てくるんだろう、しかし魔法が使えたとしても食べるラー油ごときには使いたくないよな。あと、未発売のスパロボをやってて仲間を残したままにしたいな〜と思うというコテコテのゲームの夢を見たけど終始自分がゲームの外にいたからかよく覚えてない。普通こういう夢ではゲームと中と外を行ったり来たりするから記憶に強く残るんであって、どちらか一方に居続けるんじゃ単なる夢だ、覚えらんないよ。起き抜けには、名前の頭文字取ってるわけじゃないぞホラホラ女上司の名前固定してやったからなと慰められる夢を見た。

 いつもアツい東南アジアのニュースですけど、今日はタイの県知事が児童買春を疑われていた。今日はというか随分と前から疑われているんだけど、今日はその言い訳が出てきていて、それによるとじぶんは熱心な仏教徒だし毎日一時間瞑想してるから児童買春などしていないということらしい。瞑想と児童買春関係あるのか。それだとまるで児童買春には興味あるんだけど瞑想でイッ、魂が浄化されるのでやらないみたいな意味に聞こえるんだが。まあ、それでいいのか、瞑想は奥が深いな。そんなニュースを読んで楽しんでいるところへ、姉が財布なくしたなくしたウワーッて言って騒ぎ始めたものだから大変だ、警察や銀行に連絡しまくってて哀れだったので、おれもカード止めるためクレジット会社の電話番号なんかを、わざわざニュースを読む手を止めてまでインターネットで調べてやったのに、結局「いや〜ミラクル起きたわ、スリッパ立ての中に財布あった」とか言ってきやがったので「軽蔑するわ」と返した。そういうものをミラクルとは呼ばんだろ。というか、なんでスリッパ立ての中に財布が入るのかまったく分からない、知性の問題ではない気がするんだが、酩酊でもしていたの\xA4

ʔ◀箸發△賁堆任箆辰如△海里擦い妊縫紂璽垢鯑匹犹驒屬ⓗ省❹阿蕕っイ錣譴討靴泙辰拭\xA3

 このようなことがあったため多少遅れながら出かけた。まず本屋でまんが雑誌の発売日を確認。これはゴールデンウィークで雑誌の発売が前後するためだ。それから新竪で江戸時代の日常が書いてある新書と仕事より芸術が強そうな本を購入、ガレージに向かうと久しく封印されていた箱が開いている。そこで首を突っ込んで本を漁り、ジンメル最後の本と津田左右吉全集二十七巻を買った。津田左右吉全集は日記が面白いと聞いていたので掘ってきたんだけど、日記より「日信」と呼ばれるものの方が面白かったし、全部買うと置き場所が大変になっちゃうのでそっちだけ購入した。まだ多少迷っているけど、本当の日記は、日記なんだよな。なんつーか完全にプライベートなものなので、誰かが来て帰ったとか、今日は雨が強いとか、テストの採点をしているみたいな本物のつまらない日常も大量に紛れ込んでいる。そこへいくと日信はひとに見せるためのものという意識のもとに書かれた日記であったので、内容も興味深く、買うに値すると踏んだのだった。おれがネット上に書いてる日記も日信と呼ぶべきものなのかな、そのようなことを考えながら帰ってきた。まあ姉のミラクル騒動でイライ\xA5

蕕靴討燭里覇辰肪屬嚳貊蠅覆匹蝋佑┐最磴なĽ鬚靴燭辰討いΔ里ⓚ榲槪里箸海蹐覆鵑世茲諭∩棺犬里茲Δ覆發里楼貂鈇任發任ǂい錣韻世掘5△蠧擦妊泪ぅ瓮蹐里任ǂだ玄鵑鬟瀬奪轡絅棔璽匹凌燭鹵罎肪屬い同薪召靴討觸漚❹い燭韻鼻△匹ΔいΔ弔發蠅覆鵑世蹇€‐觴腓離泪ぅ瓮蹐鯑い措茲辰燭ǂ薜絜⑱鵑靴砲靴討襪里ǂ福\xA3

 帰宅して泡盛を飲んで、ここから脳がダメになる。脳をダメにして、ストリートビューに打ち込みつつポッドキャストを聞いてゲラゲラ笑うというのがいつもの週末なんだが、今日はそのちょうど盛り上がろうとしていた瞬間に十分ほどパソコンが停止して最悪な気持ちになった。なんかいろいろ試した結果、アプリのプレビュー機能を切ったら普通に動くんだけど、いちいちそんな不便なことをしたくないので、アプリの構成を帰るかもしれない。ああ、今書いてて気付いたけど、またアプリとソフトの表記で迷ってるな。マックの頃はアプリって言うことが拡張子的にも正解だったんだが、ウィンドウズだとどうもソフトと呼ぶことが一般的らしく、その両方の水で暮らしてきたおれにとっては非常に紛らわしいんだよね。ともかく、今日はパソコンが止まって予定が狂ったので、室内運動でエネルギーを消費しておいた。深夜には、こないだ捨てた漢文入門の本をネット上で見つけた。どういうことかというと、作者が早めに死んでたので著作権が切れてたんだよね。この本は読みやすくて良かったんだけど巻末に遺族のコメントがあるのがつらくて捨てたものだ、それが著作権切れでまたおれの\xCC

椶料阿北瓩辰討唎襪箸六廚辰討い覆ǂ辰燭福¬滅鬚い發鵑澄\xA3

広告を非表示にする