軍産複合体の金儲け

軍産複合体の伝家の宝刀をトランプ氏は、抜きました。

明日には、わが日本国家がと思ってます。

武器輸出三原則は、何の為に有ったのでしょうか。

何故、武器輸出三原則を破棄したのでしょうか。

敗戦国であるから出来る、目覚めの抵抗が真に有ります。

平和は、一人握りの武器利権を手に入れる小児…商人によりいとも簡単に壊されます。

それらは、巨大な科学の火を使い人々と自然を根底から焼き尽くして行きます。

アメリカは、巨額な武器が売れたことで、富が流れ込み経済が活性化します。

でもその陰で、失う世界に目を向けてください。

何時か必ず、戻らぬものが失われていく世界に目を向けなければならないのです。

その時では遅いのです、遅すぎるのです、流れを止め現状を世界の現状を見て、勇気をもってその巨額の武器を放棄することに目覚めなければならないのです。

武器は作り使えさせる人に罪が有り使う人はほとんどの場合が命令で無知がそうさせます。

無知が罪であるなら子供はどうなるでしょうか。

大人が無知であり責任を負わない世界だからこそ武器商人死の商人が世界に「のさばる」のです。

子供たちに戦争の世界は有りません。

ほんの少しの競争です。

子供たちに死と肉体が弾け飛び内臓や血が飛び散る戦争の世界を教えているのが大人達です。

中性子被曝死と言う綺麗な戦争を言う狂気も有ります。

資本は傷をつけず生命だけを奪うと言う核兵器です。

レーザーの世界も有ります。

何のためこの様な高エネルギーを使うか既にこの文書の中に回答が有ります。

憲法9条、恒久的平和を世界規模でできる方法の一つも含んでいます。

最近、アフリカ大陸に住む、少数民族ピグニー族の世界がメディアから流れてきません。

エジプトと言う巨大帝国に、多くの国は貢物や宝物を差し出しましたが、ピグニー族歌(語り部)と踊りが差し上げモノでした。

エジプト王朝の世界では

「癒し」と「くつろぎ」そして「考えさせるリズム」が必要だったからです。

そして、自然の摂理の中その王朝は沈黙をしました。

■トランプ大統領の初外遊、サウジと巨額の武器輸出で合意

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6240429