ブタに溺れたい

”あいぃぃぃっぃぃぃぃぃぃっぃぃぃ♪”

某有名ラ−メン店、店主の湯切りの掛け声である。テレビで見ました。

見た目爽やかそうな店主・・・・・に反し濃すぎるキャラとラ−メン。

YOUTUBEで何度も何度も見てたら、娘(1歳10カ月)が湯切り時の声をマネする様になりまして

(”あいぃぃぃっぃぃぃぃぃぃっぃぃぃ♪”)

その店の事が気になって気になって先日食べに行ったのですよ。

YOUTUBEでもあったように張り紙にも”ブタに溺れたい”とな。少々ビビった。

つまり店主の希望はこういう事か?

店主

んなアホな事を妄想しながら待つこと1時間半、漸くラーメン来ました。

この濃すぎるラ−メンで試すことの定番(とネットにあった)、レンゲを立ててみた。

加齢と共に濃いラ−メンは食べられず、昔は頻繁に行っていた天下一品を食べただけでお腹を壊す中年にとっては中々の高さのハ−ドル、いざ腹をくくって食べてみる!

一口目。 んんんん?見た目のワリに食べやすい??

二口目。 んんコクがあって美味しいかも。

三口目。 ぁぁ美味しいね。人気店だけあったゲテモノを喰わすって感じの店ではないのね。

等など、マアマア美味くて見た目ほどは食べにくくなかったのだが・・

見た目ほどというのがポイントで後半は”二度と食うかコンナもの”なりまして終了。

けど、暫くたつと、またトライしてみたくなるのが不思議。

天下一品(こってり)ではマダマダ味が薄いって人にはお勧めなんじゃないかな。

https://tabelog.com/aichi/A2305/A230503/23041084/

https://matome.naver.jp/odai/2146486768102662901

広告を非表示にする