手さえ動かしていれば、終わる仕事 と、そうではない仕事

いくら大量に仕事があっても、1つ片付けるのに必要な時間を割り出せば終わる時間が見えてくる仕事は、ただただ やるだけ。

いずれ、手は早くなるし、要領を掴めば手の抜きどころも見えてくる。

問題は、創造的な仕事。

これは、終わりを想定していないと、いつまでたっても終わらない。

「〆切を守れない」は“病”なのか