本史関ヶ原19「七月末の家康の構想」

○本物の手紙史料だけで読み解く関ヶ原合戦、いよいよ「戦争の勃発」と言える状況になってきました。徳川家康の「七月の行動」を詰めておきましょう。

●四〇号7月26日「返信」徳川家康「宛」堀秀治

●四二号7月27日「返信」大久保忠隣、本多正信「宛」山内一豊

●四五号7月29日「差出」徳川家康「宛」黒田長政

●細川家史料8月1日「差出」細川忠興「宛」ミツ

○本物と見られる手紙の中で、「石田と大谷が謀反」と断定で書いた最初が四〇号です。冒頭には「其許之様子」を「早々示」して「祝着之至」で、次に「仍石田治部少輔大谷刑部少輔逆心付而」と続きます。記述読解のポイントは「仍」の文字ですね。普通は、前の文章と次の文章をつなぐ言葉ですから、堀が「示し」てきたことと「石田と大谷の逆心」は、つながった意味だと見るべきでしょう。ゆえに「其許之様子」とは、堀の領国の状況ではなく、西から伝わってきた「石田と大谷に謀反の噂」のことだと思われます。大坂が、石川県の前田利長に報せたので、利長が新潟県の堀に報せ、堀は徳川に報せてきた、と理解すべきなんです。よって、前回に指摘したとおり、四〇号は本物で間違いないでしょう。すると文中には「上方人衆、今日二十六日、悉登申候」の記述がありますので、栃木に来ていた豊臣軍団は、二十六日に反転を始めたと見ていいようです。

○しかし四二号が示すのは、二十七日に山内一豊の報告が来たこと。「大坂のようすを伝えてきた」とあって、次いで二十九日、黒田長政ヘ「先日に引き返したあとで、大坂奉行衆が離反したらしいことを言ってきた」と送った四五号。山内には「明日、ご面倒でもお越しになってほしい」と書いていて、黒田には「相談したいと思ったのだが、すでに進んでいるからやめておく。詳しい話は羽三左に伝えておく」です。二十七日なら、まださほど進んでいないでしょうから「面倒でも来てくれ」のところ、二十九日になると、もうだいぶ進んでいるわけでしょうね、「相談したいが、やめておく」ってことのようです。ただし羽三左(池田輝政)は、二十九日の時点で、家康の近くにいたことになりますよね。豊臣軍団は、全部が揃って一斉に引き返したわけでもないようです。もしかすると、宇都宮、小山、古河と、奥州街道沿いに分駐していて、各所から時間差で出発したのかもしれません。「小山評定で集まった」の話が定着していたため、まるで「小山に全軍がいて、一斉に西進した」かのようなイメージになっていましたけどね。

○八月一日に細川忠興が息子宛てに書いた手紙。ここに「幽斎ヘの援軍となり、北国を通っていく」とあります。細川軍は宇都宮に着陣していましたので、まだ出発していなかったのかもしれません。そこに「大坂奉行衆が離反したらしい」の報告。すなわち「十七日に丹後討伐が発令された」ことの情報です。「北国を通る」というのは、前田利長と合流する意味で間違いありません。原文は「幽斎ヘうしろつめ」ですからね。江戸時代になって書かれた史料では、「後詰め」の言葉を単純に「援軍」の意味で書きますが、戦国時代に書かれた本物の史料の場合、包囲軍または救援軍の後方で補給を担当する部隊、もしくは、包囲軍または救援軍の増援として送られる部隊を指すのです。この場合だと、包囲軍は敵ですから「救援軍の増援として行く」の意味になるわけだし、忠興自身が救援軍として行くのなら「後巻き」という言葉になるんです。つまり「丹後の田辺城を救援に行く軍団が、細川軍とは別にある」ことを、「後詰め」の言葉が示しているわけです。北国にいるのは、もちろん前田利長ですし、何よりも、忠興の嫡男の嫁は、利長の妹です。当時の大名が、より上位の大名家から嫁をも\xA4

蕕Δ箸いΔ海箸蓮△海ΔいΔ箸④法峙澑腓靴討發蕕μ鸞ʔ廚覆鵑任后◀世ǂ蕕海宗⊅宛紊忙栂韻靴討い榛拈邁箸硫藩莉阿蓮ゟ馥發悩任眦譴飽銘屬垢訶鎚嫋襪売鴇襪靴討い襪錣韻里呂此▷崛暗腸箸竜澑腓鯀枋蝓廚靴董⊂唎靴任盒瓩ぞ貊蠅鯀Ľ鵑任い襪呂困任后\xA3

○では、なぜ家康は、豊臣軍団の全部を引き留めて、北陸経路で行かせなかったのか。それは、前田の居城(石川県の金沢)から丹後ヘ進む途中に、越前の敦賀城。大谷吉継の居城です。これだけが相手ならばいいけども、今や「奉行衆が加担」したうえに、「丹波の大名などに出陣命令が出ている」ことも「山内の最新報告」で知ったわけです。だとすれば、丹波亀山城も敵だと想定されます。近江から若狭を経由しようにも、中仙道のほうには石田の佐和山城が、東海道のほうには長束の水口城が控えています。「丹後ヘ行く道」は全部が閉ざされているようなもの。ほかの大名衆が、どういった態度に出るかは不明ながら、「判明している状況」だけでも、丹後救援が厳しいことは明白なのです。よって北陸経路は前田に任せ、親戚であり当事者でもある細川に支援させ、あとの豊臣軍団は、彼らの居城のある東海地方を基盤にしつつ、どこの誰が味方であり、どこに突破口があるものか、慎重な判断をしていくしかないでしょう。つまり「七月末の時点」の家康は、まだ進路を探っている状況で、本当の意味での戦略構想はなかったに違いありません。