不眠症は病院ではなく、こころのケア!朝までぐっすり眠れる快眠レッスン

不眠症は病院ではなく、こころのケア!

〜朝までぐっすり眠れる快眠レッスン〜

昼間に眠くなって仕事がはかどらない。

朝起きてもかったるく、疲れが取れない。

布団に入るも寝付けず、そのまま朝を迎える。

トイレに行きたいわけでもないのに、夜中に目が覚める。

こういったことに1つでもあてはまる方のみ読んでください。

これぐらい仕方ない。

大丈夫。

そうやって不眠症を放置しておくと、

のちに大変なことになることも少なくありません。

急に不安になったり、ちょっとしたことでイラッとしたりする。

仕事も家事もやる気が出ず、モチベーションが上がらない。

倦怠感から休みの日は外に出る気にならない。

不眠症をそのまま放っておくことで、

全身の体内リズムが乱れ、自律神経系が成長に働かなくなり、

自律神経失調症

慢性不眠

うつ病

などを引き起こすこともあるのです。

多くの場合、寝付けない夜中に何度も目が覚める等の症状が出た場合、

市販薬やお医者さんのもとへ行き、お薬を飲んで眠ろうとします。

睡眠導入剤等を飲むことで、たしかに眠ることができます。

即効性があり、健康保険も使用できるため、

多くの人がまず投薬しますが、

継続的に飲み続けることで依存を引き起こしかねません。

次第に耐性がついて、薬を飲む量が増えたり、

手放せなくなったりなどの負のループにはまる方もいます。

不眠症を抱える人のほとんどはストレスが原因です。

人は常に4つのストレスが加わっています。

ケアをせずに放置することで、

こころもからだも十分に休まることができません。

その結果、

自律神経が乱れて、気分の波が大きくなるなどの情緒不安定さや

体内バランスを崩して入眠障害をもたらしたりすることもあります。

4つのストレスを自分に合う形でケアをし、

薬に頼らずに自分の力でぐっすりと眠れるように変えたい方は、

原因にフォーカスを当てるカウンセリングがおすすめです。

とあるクリニックでは、カウンセリングを導入したことで、

不眠症の約70が改善し、快眠になったとの実例が報告されています。

実際に私のカウンセリングを組み込んだ快眠レッスンを受けた方も、

昼夜の境目がはっきりするようになった。

入眠がスムーズになった。

眠るまでの時間が数時間単位で早くなった。

これをやれば眠れるという安心感を得た。

眠れるようになる可能性を感じる受け始めたばかりの方

などの感想をいただいています。

今回新たにカウンセリングを組み込んだ快眠レッスンを募集します。

一人一人の不眠の原因やストレスタイプ、性格に合わせて、

サポートしたいから、月に3名のサポートが限界です。

そこで、限定3名のみの募集をします。

興味のある方は、まず下記フォームに必要事項を入力いただいて、

まずはお試しカウンセリングまで。

快適に朝までぐっすり眠れるように変えていきましょう!

7/30(日)18:00南青山

田倉さとみ処女作の出版記念パーティー

ありのままの自分承認習慣化心理カウンセラーさとみ

カウンセリング詳細こちら

提供中の心理カウンセリングメニュー一覧

Facebookはこちら

お友達申請は大歓迎です一言ブログ読んでますと入れていただけるとありがたいです