上からの命令であれ、何もわからずにとい

上からの命令であれ、何もわからずにということであれ人体実験に関与した、という事実はどんなに否定してもその医学者自身に重くのしかかっていたのであろう。医学を志すということとまるで反対のことを強いられるのだから。関与した一名はハバロフスク裁判ののち、帰国前に自殺したそうだ。